TECHNOLOGY当社技術について

当社の技術について

当社の基幹技術は、三室ダブルイン型電気分解という独自の電気分解手法(特許技術:5253483)にあります。
この電気分解技術は、元々は再生医療など医療の現場での使用を目的として、20を超える大学、研究機関との長年の共同研究から生まれた技術です。

当該特許製法から生成された電解水は、多くの大学・研究機関から「高い機能性」と「高い安全性」を評価されており、科学的根拠が必要とされる学会や世界水フォーラムにおいて多くの発表実績を有しています。
一般的に、「機能性」と「安全性」は相反する関係にあり、強い機能性を求めると安全性が損なわれる(排水できない、粘膜を溶かす等)ことが定説となっています。ただし、この定説は製造方法により解決することが可能であると当社は見出しました。

当社独自の三室ダブルイン型電気分解技術を活用すれば、不純物の無い超純水に対し、目的に応じたイオン種のみを選択的に導入するかたちで電気分解することができるため、高効率の電気分解が可能になるとともに、他の電気分解のように電解質化合物が存在することなく、不純物の一切無い、高純度の電解水を得ることができます。
この、発揮したい機能に応じたイオンを導入できる技術や、pH制御技術、および酸素系活性種の結合状態など水の中の雰囲気をコントロールする技術により、「高い機能性」と「清涼飲料水の規格基準をクリアするほどの安全性」という相反する2つを併せ持つ高機能性の電解水を製造することに成功しました。

また、当社高機能電解水は、高効率の電気分解により水(H2O)の分子間結合を断ち切り、極小の分子状態として保ち続けることができます。そのため、肌や髪などに対する浸透力が高いことも特徴です。また、効果効能の有効期間は2年以上と電解水としては長期間の保存も可能となっております。

私たちワンテンスは、独自の三室ダブルイン型電気分解技術から生まれる高機能電解水を通じて、命に大切な役割を果たす製品をつくり出すこと、そしてそれを、美や健康を願う一人でも多くの人のもとへ届けていくことに、情熱と信念を持って取り組んでまいります。


【当社基幹技術】
「三室ダブルイン型電気分解システム」

私たちは、目的に応じたイオン種のみをコントロールして電気分解し、製造した電解機能水の効果を長期間維持し続ける、独自特許技術「三室ダブルイン型電気分解」(特許:5253483)を保有しております。三室ダブルイン型電気分解システムにより、目的に応じて除菌、安全性、肌ケア、洗浄効果、浸透・膨潤効果を始めとする各種の機能レベルを柔軟にコントロールすることが可能となります。


【革新的新規成分】
「nES」

nES=三室ダブルイン型電解高酸化水(=”純正”次亜塩素酸水)は、細菌・ウィルスへの殺菌効果や、創傷治癒・角質修復効果などの「高い機能性」と、飲んでも・目に入れても・体内に取り込んでも無毒性である「高い安全性」を兼ね備えています。nESは、約25年に渡る研究を通じて開発されたもので、20を超える大学・大学病院・研究機関との共同研究を通じて、多くの機能性と安全性に関わる検証を進めてきており、確固たるエビデンスを有しております。


【これまでにない洗浄効果と膨潤効果を実現する成分】
「RaS」

RaS=三室ダブルイン型電解高還元水は、三室ダブルイン型電気分解技術を用いて、超純水に、洗浄効果・潤い効果に特化したイオン種をたっぷり導入したもので、皮脂汚れ除去や、角質・毛髪への浸透効果が非常に高いなどの機能性を有しております。
医療や美容の現場においても、その洗浄力や、毛髪・角質に対する浸透・膨潤効果といった機能性を高く評価されています。


Related information

独自の特許「三室ダブルイン型電気分解」技術により
純正次亜塩素酸の製造に成功

食塩や塩酸などの不純物を一切含まない、純度の高い次亜塩素酸のこと(商標登録出願中)。
不純物を一切含まないからこそ、清涼飲料水の規格基準をクリアするほどの低濃度で高い除菌力を発揮し、非常に変性しやすい次亜塩素酸成分を「2年」保持させることが可能になりました。

read more ▸

アルコールが効かない
ウィルスにも除菌効果が
あることを確認

「IELU」はアルコールや胃酸でも除菌することが難しいノンエンベローブウィルスをはじめ、地上に存在する多くの細菌・ウィルスに対する除菌効果を第三者機関にて確認しております。なお、本品は疾病の予防を目的としたものではありません。

read more ▸

医療機関との実績

「IELU」は、多くの大学病院、研究機関との長年の共同研究から生まれました。これまでの共同研究から、高い除菌・消毒効果、洗浄力が認められています。現在(2020年5月現在)、多くの医療機関で衛生管理として使用されています。

read more ▸


TOP

MENU