いのちを潤す一滴を

「イオンの技術で世界を幸せにしたい。
私が学生の頃に父から聞いた夢でした。」
アルコールに匹敵する除菌・消臭力。
洗い残しを逃さない洗浄力。
そして一般的な化粧品を凌駕する浸透力。

これだけの機能を持ちながら、高い安全性を誇る
この電気分解の技術は、
本当に素晴らしいものだと思いました。

多くの大学、研究機関、美容室、エステサロンなど
様々な分野から高い評価を獲得してきた
イオンの力によって、
美や健康を願う一人でも多くの人のもとへ
届けていく。
私たちのイオンの力がいつか世界になくてはならない
「いのちを潤す一滴」となる。

その日を本気で夢見ています。

TECHNOLOGY

私たちは目的に応じたイオンをコントロールして電気分解し、製造した電解ミストの効果を2年間維持し続ける技術に特許を保有しております。
この三室ダブルイン型電気分解という特許技術(特許:5253483)により、
目的に応じて除菌・安全性・肌ケアの機能レベルを柔軟にコントロールすることが可能です。

read more ▸

2020年5月29日に報道された
内容に関する弊社見解

平素は格別のご愛顧を賜り、誠に有り難うございます。 一部報道機関において、「次亜塩素酸水、有効性は確認されず」等といった、見解が発表されました。 これを受け、当社にはお客様から多数のご相談・ご意見が寄せられており、皆様にはご心配をおかけする結果となり、申し訳なく存じますと共に、今回の報道内容と、弊社見解との相違につきご説明させて頂きたく存じます。 今回の報道に際し、各所からのご要請があった場合、弊社が第三者機関に依頼した試験データを提供させていただくなど、細菌・ウイルス対策の有益な情報・手段として、広く社会に貢献させて頂きたいと考えております。 IELUは、薬機法における広告上法的区分の関係上訴求できないことも多々ございましたが、「見解」として主に安全面につきまして研究経緯と検証結果をベースにご報告させていただきたく存じます。

1.IELUの安全性について

● IELUは、3室ダブルイン型電気分解システム(特許技術:5253483)で作られた次亜塩素酸水(pH:6.0~6.5、有効塩素濃度:20-25ppm、電解質:NaCl)です。

● 弊社特許技術は、再生医療の現場でも多く使用されており、20超の国立大学および研究機関等との共同研究により、これまで世界的な論文と学会発表をし続けてきております。

● IELUは、食品衛生法に基づく清涼飲料水の規格基準をクリアしており、口に入っても誤飲しても安全であることを確認しています。

● さらに、医薬品会社との共同研究を通じて、IELUによる細胞毒性試験(体内に入っても健康を阻害しない)もクリアしております。

● 現時点、国立大学病院を含め、様々な医科歯科領域の病院やクリニックにIELUは導入されており、手術時の体内洗浄、口腔内の手術・治療、目の治療・洗浄などに使用されております。

● IELUを使用されている某介護施設では、2012年から現在までの8年間、高齢者の口腔洗浄にIELUを使用されております。誤飲してしまうリスクが伴う認知症の高齢者にもIELUを使用していますが、誤嚥性肺炎など健康阻害が引き起こされた症例は報告されておりません。

2.IELUと他の次亜塩素酸の製造方法の比較について

● 次亜塩素酸には、製造方法により性能品質に大きく影響が出ることが特徴です(詳細は以下図表参照)。

● IELUは独自特許技術(特許5243483) を用いた「3室型電気分解システム」で作られた次亜塩素酸水です。一般的な次亜塩素酸水の製法だと、化学的もしくは製造の構造上どうしても食塩や塩酸などの不純物が生成・排出してしまい、この不純物が健康被害に繋がる可能性があると言われています。

● 独自特許技術「3室型電気分解システム」で作られたIELUは、食塩や塩酸などの不純物を一切含まず、高純度の次亜塩素酸の生成が可能になります。この純度の高さにより、塩素濃度20~25ppmという低濃度でも高い生菌不活性化機能を発揮すると共に、飲めるほどの安全性を確立することができます。

3.2020年5月29日のNITE中間報告における一部報道について

1.「次亜塩素酸水、新型コロナへの有効性は確認されず(NITE調査)」という報道に対して

2020年5月29日のNITE報告の内容は、すべての次亜塩素酸水を検証した報告ではなく「市場商品群のなかには効果が認められない粗悪品も含まれるため、継続的に検証を続ける」という中間報告に過ぎず、すべての次亜塩素酸水の有効性が否定された最終結果ではありません。なかには有効性が認められる商品も含まれておりました。また、現時点のNITE検証対象商品群に、3室ダブルイン型電気分解システムで製造されたIELUは含まれておりません。上述の通り、IELUは安心安全であると各種研究機関からの報告も得ており、NITEの継続検証に対し、IELUの検証および情報提供に積極的に働きかけている所存でございます。

2.「次亜塩素酸水、噴霧での利用は控えて」という報道に対して

● 2020年5月29日のNITE報告は、次亜塩素酸水の噴霧による新型コロナに対する有効性に明確な解答が得られていないという内容で、NITEが次亜塩素酸水の噴霧を控えることを推奨する内容とはなっておりません。本件見出しは、NITE中間報告に対して、さも結論であるかのように伝え、かつ正確な中間報告の内容を曲解して報道したものであると弊社は見なしております。

● なお、2020年5月29日NITE中間報告に記載されている、各国の衛生当局の見解は、あくまで消毒剤(医薬品)の空間噴霧に対する見解であり、次亜塩素酸水の空間噴霧に対する見解ではありません。現時点、次亜塩素酸水の空間噴霧に対して、国が定めた明確なガイドラインやルールは存在しない状況ですが、上述の通り十分に人体に安全なIELUを噴霧することで、健康被害を与えることはありません。

以上

EVIDENCE

弊社およびIELU製造元会社である
株式会社レドックスでは、
IELUの安全性と有効性の検証において、第三者機関により多くの試験を実施してきております。
代表例をご提示致しますので是非ご覧ください。

read more ▸

経済産業省大臣
官房総務課危機管理・
災害対策室へ訪省、
および以下の意見書の提出
してまいりました

2020年5月29日に独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)より発表された中間報告およびその後の一連の報道の状況を受け、本件担当課である経済産業省大臣官房総務課危機管理・災害対策室に対し、以下の意見書を提出致しました。

経済産業省 御中
独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE) 御中

2020年6月8日

NITE中間報告
および一部報道による
影響に対する見解および意見書

株式会社ワンテンス
 代表取締役 永田 寛明
株式会社レドックス
 代表取締役 片山 貴嗣

本書面は、2020年5月29日に独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)より発表された中間報告の内容に対する、弊社らの見解を述べると共に、一部メディアからの誤報ともとれる報道により信用が大きく低下してしまった次亜塩素酸水に対し、NITEからの最終報告および今後に向けて貴省に期待する事項について、弊社らの考えを取りまとめたものとなります。
本騒動収束に向けて以下内容を参考に貴省・貴機構にご協力賜りますよう、切にお願いしたく存じます。

1. 今回の一部メディアの誤報ともとれる報道に繋がった原因に対する弊社ら見解

・ NITEならびに消費者庁が、次亜塩素酸水を、「消毒液」あるいは「次亜塩素酸ナトリウム」と誤認、あるいは混同したことが大きな要因ではないか?

▹ 次亜塩素酸水は、WHOや厚生労働省(以下、「厚労省」といいます)の定義する「消毒液」に該当しないにも拘わらず、消毒液の空間噴霧に対する各国衛生当局の見解(消毒液の噴霧は推奨できない旨)を“ファクト”シートに黄色強調線付きで掲載していること

▹ 事故情報データバンクには「次亜塩素酸(水)の空間噴霧による健康被害」とも捉えられる報告が届いている、とあるが、今回改めて消費者庁に対し実際に問い合わせると、次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めたもの、と回答があったり(https://youtu.be/IOfouHFZt_M)、実際に事故情報データバンクの閲覧データベースにも次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムがごちゃ混ぜに掲載されているなど、消費者庁自体が、次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水を正しく分類・整理して管理しておらず、事故情報データバンクの情報が“ファクト”でない可能性が考えられること

2. 次亜塩素酸水“自体”の本来の「安全性」と「消毒効果」について

・ 次亜塩素酸水“自体”の「安全性」として、厚労省、ならびに多くの研究において、体内に取り込んでも問題が生じないレベルであることが確認されている。

▹ 厚労省が指定する食品添加物に該当するためには、反復投与毒性試験、繁殖試験、催奇形性試験、発がん性試験、発がん性併合試験、抗原性試験、変異原性試験、一般薬理試験などの安全性試験・毒性試験を全てクリアすることが条件であるところ、次亜塩素酸水(一定の条件で電気分解された特定規格内のもの)は2002年に食品添加物として指定を受けている。

▹ 弊社らと医薬品メーカーの共同研究により、細胞毒性試験(眼刺激試験代替法)を行ったところ、弊社ら特許製法である三室ダブルイン型電気分解により生成したpH6.0~6.5の次亜塩素酸水(以下、「IELU」(弊社ら製品名)という)は50ppmまでのいずれの条件においても細胞毒性は認められなかった

▹ IELU(pH6.0~6.5、25ppm)は、株式会社江東微生物研究所により、食品衛生法に基づく清涼飲料水の原水規格基準をクリアすることが証明されている。

▹ 岡山大学医学部では、ラット吸引毒性試験(弱酸性次亜塩素酸をラットに3か月間噴霧吸入)により、全身毒性がないことが確認されている。
http://www.solmind.com/hclo/funnmu/okayamakyuunyuu.pdf

▹ 株式会社パナソニックでは、自社製品(ジアイーノ)によるラット吸引毒性試験(100ppmまでの電化水をラットに90日間吸引)により、体重変化・血液変化・呼吸器の組織観察の結果、異常なし、という結果を得ている。
https://panasonic.jp/ziaino/oshiete.html

▹ その他にも多くの安全性に関わる実証試験をクリアした内容が各研究所や民間企業において報告されている。

・ 次亜塩素酸水“自体”の「消毒効果」についても、厚労省、ならびに多くの研究において、200ppm次亜塩素酸ナトリウム(厚労省がノロウィルスの失活に推奨している濃度)と同等以上の消毒効果が確認されている

▹ 厚労省資料において、pH5.2、有効塩素濃度57ppmの微酸性次亜塩素酸水が、200ppmの次亜塩素酸ナトリウムと同等あるいは同等以上の消毒効果が確認されている。

▹ 弊社らと札幌厚生病院との共同検証において、20ppmのIELU(pH6.5)が、200ppmの次亜塩素酸ナトリウムと同等以上の消毒効果を示すことが、札幌臨床検査センター(株)により確認されている。

・ また多くの研究機関よりCOVID-19の不活性化に次亜塩素酸水が有効であることが確認されている。(以下、2020年6月7日時点における関連記事および情報の抜粋)

▹ 新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明(2020/5/14、帯広畜産大学、pH2.5・有効塩素濃度74ppm、pH4.5・同45ppm、pH6.0・同29ppmにおける検証結果)
http://www.qlifepro.com/news/20200522/sars-cov-2-3.htmlhttp://www.qlifepro.com/news/20200515/sars-cov-2-2.html

▹ 北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化(2020/6/2、北海道大学、pH5.5・有効塩素濃度40ppm)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000056737.html

▹ 厚労省資料において、pH5.2、有効塩素濃度57ppmの微酸性次亜塩素酸水が、500ppmの塩化ベンザルコニウムと同等あるいは同等以上の消毒効果が確認されている。NITEは、2020年5月22日の第三回報告において、500ppm(0.05%)の塩化ベンザルコニウムが新型コロナウィルスに対して有効と判断している。

3. 次亜塩素酸水の機能性(消毒効果と安全性)はpHと有効塩素濃度のみならず製法にも依存すること

・ 2、の通り、次亜塩素酸水“自体”には、「高い安全性」と「高い消毒効果」が確認されている。

・ ただし高すぎる塩素濃度、低すぎるpHでは健康被害を引き起こす可能性がある。たとえば弊社ら共同研究によれば、有効塩素濃度125ppm以上の一般的な次亜塩素酸水は、口腔内正常細胞に悪影響を及ぼすことがわかっている。さらにpH2.5以下だと歯表面の脱灰が促進されることがわかっている。(ちなみにIELUは有効塩素濃度125ppm(pH6.5)においても口腔内正常細胞に影響を与えないことが確認されている。)

・ それ以外の要因で健康被害を引き起こす可能性があるとすれば、それは塩酸や食塩といった電解質由来の不純物に原因があると考えられる。

IELUは、三室ダブルイン型電気分解(原料水:超純水、電解質:NaCl)を採用しており、当該製法によれば、超純水にイオン種のみ(塩化物イオン)を引き込み電気分解することが可能で、食塩や塩酸などの電解質由来の不純物は一切混じり込まないという構造的特性がある
このように電解質由来の不純物を含まないIELUには、上記の通り、「高い安全性」と「高い消毒効果」が確認されている。

・ またIELUは、10-20ppmの低濃度においても高い消毒効果を示すことが確認されている。

▹ 上述の通り、20ppmのIELU(pH6.5)において、200ppmの次亜塩素酸ナトリウムと同等あるいは同等以上の消毒効果が確認

▹ 10ppmのIELU(pH6.4)において、糸状真菌(つる枯病菌・フザリウム属菌)の殺菌効果が確認。

▹ 10ppmのIELU(pH6.0)において、カンジタ菌の殺菌効果が確認

・ 次亜塩素酸水の機能を決定づける要因として、pHと有効塩素濃度に加えて、「製法(電解質由来の不純物の混入をいかに抑えるかなど)」も重要な指標となる。現状のNITEの指針ではpHと有効塩素濃度のみを判断指標としているが、最終報告に向けては「製法」も加えて考察するべきと考える

4. 最終報告および今後に向けて貴省ならびに貴機構に期待する事項について

① 最終報告などにおいて、次亜塩素酸水“自体”は安全であることを明確にお伝え頂きたく存じます。

② 次亜塩素酸水の噴霧について、ファクトシート発表後に、本件噴霧については今回の検証の対象外だとNITEが表明したが、ファクトシートが一部メディアによる曲解を招いたことによる影響は大きく、次亜塩素酸水の噴霧に対する安全性の見解を提示して頂きたく存じます。

③ 最終報告に向けて、次亜塩素酸水の性能を、pHと有効塩素濃度のみで判断するのではなく、例えば無隔膜・2室型・3室型・3室ダブルイン型電気分解のように「製法」にも焦点をあてて判断頂きたく存じます。

④ 一部報道により次亜塩素酸水の信用が大きく低下した現状を放置することは、一般消費者の混乱、正当な次亜塩素酸製造販売事業者のさらなる経済的損失につながるため、早急に、次亜塩素酸水の製造等に関わるガイドラインの策定、あるいは認定マーク制度などの施行を検討して頂きたく存じます。

以上

次亜塩素酸水溶液の
有効性と空間噴霧の
安全性についての
科学者による記者会見について

次亜塩素酸水分野の第一人者的存在であられる高名な研究者の方々が、次亜塩素酸水溶液普及促進会議という会議体を発足し(https://jia-jp.net/)、2020年6月11日に「次亜塩素酸水の新型コロナウイルスへの有効性と空間噴霧の安全性について」と題した記者会見を開催することとなりました。弊社は、次亜塩素酸水溶液普及促進会議の見解を拝読させて頂き、その内容を全面的に支持致します。

以上

PRODUCTS
About IELU

独自の特許「三室ダブルイン型電気分解」技術により
純正次亜塩素酸の製造に成功

食塩や塩酸などの不純物を一切含まない、純度の高い次亜塩素酸のこと(商標登録出願中)。
不純物を一切含まないからこそ、清涼飲料水の規格基準をクリアするほどの低濃度で高い除菌力を発揮し、非常に変性しやすい次亜塩素酸成分を「2年」保持させることが可能になりました。

read more ▸

アルコールが効かない
ウィルスにも除菌効果が
あることを確認

「IELU」はアルコールや胃酸でも除菌することが難しいノンエンベローブウィルスをはじめ、地上に存在する多くの細菌・ウィルスに対する除菌効果を第三者機関にて確認しております。なお、本品は疾病の予防を目的としたものではありません。

read more ▸

清涼飲料水の
規格基準をクリア

「IELU」は、「清涼飲料水」の規格基準に適合しております。
この規格基準をクリアしていることが多くの医療機関や保育園に取り入れられている理由の一つです。人体に使用する商品で はありませんが、商品特性上、人体にかかることも想定し、肌へのやさしさを追求した商品づくりを行っております。

read more ▸

CREDENTIAL

STELLA保育園

最高峰の情操教育『本気保育』を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成することをMissionに掲げられているSTELLA保育園との取り組みをご紹介致します。

read more ▸

医療機関との実績

「IELU」は、多くの大学病院、研究機関との長年の共同研究から生まれました。これまでの共同研究から、高い除菌・消毒効果、洗浄力が認められています。現在(2020年5月現在)、多くの医療機関で衛生管理として使用されています。

read more ▸

bigones

総合不動産業、アパレル事業、アート事業などを展開する株式会社bigones様で衛生管理として導入いただいております。スプレーによる直接除菌と加湿器による空間除菌で効果の最大化を図られているbigones様の取り組みをご紹介します。

read more ▸

NEWS

  • INFORMATION

    2020年5月29日に報道された内容に関する弊社見解につきまして

    read more ▸
  • COLLABORATION

    ワンテンス、みやき町、cado社の3者による「感染症予防等に関する協定調印式」を行いました。

    read more ▸
  • SHOPPING

    一般のお客様にもお求め頂けるようAmazonにて、300mlボトルの販売を開始させて頂きました。

    read more ▸
  • COLLABORATION

    STELLA保育園とのコラボレーション商品「STELLA × IELU」が発売されました。

    read more ▸

COLUMN

  • 歯科医師が語る
    3歳までの口腔ケアの重要性

    口腔内環境と、身体や臓器の健康は密接に連動しており、小さい頃からの口内ケアが重要です。

    read more ▸
  • 純正次亜塩素酸とは?

    次亜塩素酸は製造方法によって、その効果や、使用期限に大きな違いが生じます。その原理を詳しく解説します。

    read more ▸


TOP

MENU